ズボラ母と子供との生活あれこれ

セトラDAYS

アドセンス 記事上 レスポンシブ


スポンサーリンク

大人が泣ける絵本「あなたを ずっとずっと あいしてる」あらすじと感想!

投稿日:2018年6月26日 更新日:

 

こんにちはセトラです。

 

先日子供が学校で借りてきた本がとても泣けたので紹介したいと思います。


スポンサーリンク


小学1年生になる娘が学校から本を借りてきました。

 

その本を1人で読んでいたかと思うと、急に悲しそうな顔して私のほうに寄ってきました。

 

「どうしたの?」

と聞いても、私にしがみついてくるだけです。

 

ふと見ると、

「あなたをずっとずっと愛してる」

 

というタイトルの本がありました。

 

絵本

 

表紙には恐竜の絵。

イラストのタッチは簡単な絵柄で親しみやすそうな絵本です。

男の子なら恐竜の表紙だけで手に取りそうですよね。

 

この恐竜が主人公かな?

恐竜のイラストとタイトルに惹かれてパラパラと読んでみると…

 

読みながら思わず目頭が熱くなってしまいました。

 

なにこれ、泣ける( ;∀;)

 

なるほど、この絵本を読んで子供は私にしがみついてきたのかぁ。

 

あなたをずっとずっとあいしてる : あらすじ・感想

 

この本は、心優しいマイアサウラのお母さんが、ある日卵を拾ったところから始まります。

 

「かわいそうに」と、自分の卵と一緒に拾った卵を温めると、産まれてきたのは

なんと凶暴なティラノサウルスの赤ちゃんでした。

 

お母さんは悩みます。

「いまに 自分が ティラノサウルスだと気づいたら 大変なことになる」

と、一度はティラノサウルスの赤ちゃんを手放そうとします。

 

でも、赤ちゃんの「くー」という小さな声に「ごめんね ごめんね」

と泣きながら抱きしめる。

 

 

もう、この序盤の場面で涙腺崩壊しそうになりました。

マイアサウラのお母さん、愛情深すぎる

( ;∀;)

私も2人の子供を持つ母親だけど、果たしてこんなに子供に愛情を示せるかしら。

いやいや、イザとなったら…!

オヤツだって子供に譲ってるし!

 

 

マイアサウラのお母さんの愛情に包まれて、スクスクと育っていくハート。

 

ある日、偶然ティラノサウルスのおじさんと出会って…

 

とここからは、優しいマイアサウラに育てられたティラノサウルス、ハートの物語になります。

 

ティラノサウルスのおじさんと、ハートのやりとりが微妙にズレているところは、コミカルに描かれていますが、面白い反面、切なくもなり。

 

マイアサウラとして育ってきたハート。

 

ティラノサウルスのおじさんと会話するうちに、だんだん何かおかしいと気づきはじめ…

 

「ぼくは… かあさんの こじゃないの?」

 

ハートのこの言葉が切ない。

ここでまた涙腺が( ;∀;)

( 歳のせい、じゃないと思いたい。)

 

純粋無垢に育ったハートが真実を知ってしまった時。

 

もうね、ハートも良い子だし、母さんも優しくて懐が深いし、この恐竜親子がいつまでも幸せち暮らしていけたらいいのに、って思いましたね。

 

でも、そこをメルヘンにごまかさないで恐竜たちのリアルなところを描いているのも、この絵本の魅力だと思いました。

 

ラストは切ないけどらタイトルとおり

「あなたを ずっとずっと あいしてる」

です。

 

あぁ、泣ける。

 

ティラノサウルスシリーズ

 

「あなたを ずっと ずっと あいしてる」

は宮西達也さんが描かれた絵本です。

 

この本は「ティラノサウルスシリーズ」として

「おまえ うまそうだな」を、はじめとして

他にも何冊も発売されているんですって!

 

「おまえ うまそうだな」は2010年に映画化もされているとか!

映画化もされていたなんて、そんなに有名だったとは知らなかった。

 

ちなみにシリーズ最初の「おまえ うまそうだな」は2003年に発売という事で、実に15年前!

「あなたを ずっとずっと あいしてる」は2006年 発売。

10年以上も前に発表された絵本だけど、今でも人気の絵本です。

 

ちなみに現在発売されているシリーズは以下。

おまえ うまそうだな
2003年3月発売おれはティラノサウルスだ
2004年1月発売きみはほんとうにステキだね
2004年9月発売あなたをずっとずっとあいしてる
2006年1月発売ぼくにもそのあいをください
2006年10月発売

わたしはあなたをあいしています
2007年6月発売

あいしてくれてありがとう
2008年12月発売

であえてほんとうによかった
2009年11月発売

いちばんあいされてるのはぼく
2010年9月発売 I

わたししんじてるの
2011年6月発売

ずっとずっといっしょだよ
2012年6月発売

あいすることあいされること
2013年9月発売

やさしさとおもいやり
2015年3月発売

あなたをずっとあいしてる
2015年5月発売

計14冊。

 

一番最近に発売された「あなたをずっとあいしてる」(今回紹介した本とタイトルが似ていますが、別の本です) は それまでのシリーズと少し趣きが変わり、幼年童話になっているそう。

 

同じタイトルで映画化されたものを元に、幼年童話としてまとめられたものだそうです。

もちろん、イラストは宮西さんが手がけてますよ!

 

絵本では物足りなくなってきた子供たちにもいいですね。

 

私はあの後、

「おまえ うまそうだな」

「おれは ティラノサウルスだ」

「ぼくにも そのあいをください」

を読んだんですが、どれも泣ける( ;∀;)

 

おれはティラノサウルスだ 絵本

毎回、主役にティラノサウルスが出てきますが、それぞれ違うティラノサウルスです。

世界は同じだけれど、それぞれのティラノサウルス達の物語、といった感じ。

 

そして、どの絵本もテーマは「愛」。

 

親子愛だったり友愛だったり、と愛の形は変わりますが、心温まる中に切なさがあって、それでいて、とても大切な事を教えてくれる。

 

4〜5歳向けの絵本にしては、テーマが難しいと思うかもしれませんが、子供なりに感じたり、心に響く事はあると思いますよ。

 

6歳のうちの子も目に涙をいっぱい溜めていましたからね。

 

それに、絵本だから出せる温かみや切なさがあるのかな、と思います。

 

宮西さんのイラストがまた味があるというか、素朴な絵だからこそ、話しが膨らむというか。

出てくる登場人物 (恐竜だけど) たちの心の内を自分なりに想像することができます。

 

そして、ラストもはっきりと描くのではなく、その後を子供たちが想像したり、考えたりする余韻がある。

 

 

子供だけでなく、大人にも、疲れている人、優しい気持ちになりたい人、子供への愛情を再確認したい人、など是非読んで欲しい絵本です。

 

私も残りの、まだ読んでいない本も機会をみて読みますよ!



スポンサーリンク

 

にほんブログ村 子育てブログ 子育てライフへ
にほんブログ村

アドセンス レクタングル 大


スポンサーリンク

アドセンス レクタングル 大


スポンサーリンク

おすすめ記事

保険証券 1

こんにちはセトラです。   突然ですが、保険って保険料が高いですよね。 家計の中でも結構な割合を占めてたり。でも、最低限の保険には入っておきたいし・・・   「何か安くていい保険な ...

豚貯金箱とお金 2

話題の「ふるさと納税」やってますか? 私は去年、初めてやりました! 何年か前にテレビの特集で「ふるさと納税」を取り上げていたのを見て興味はあったんです、ほんとなら節約にもなるし!って。 でも、 「なん ...

プログラミング画像 3

今、注目を浴びている習い事があります。 それは「プログラミング」。 2020年からは小学校でも必修化されて、保護者の間でも話題になっているみたいですね。 出典:イー・ラーニング研究所 調べ   &nb ...

-子育て

Copyright© セトラDAYS , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.