ズボラ母と子供との生活あれこれ

セトラDAYS

アドセンス 記事上 レスポンシブ


スポンサーリンク

ひらがな を練習するなら早い方がいい。

投稿日:2017年9月11日 更新日:

ID:42603a

こんにちは、セトラです!

今日はひらがなの練習をするなら、早い方がいい。どうせなら字は綺麗にかけた方がいいってお話しです。

 

ひらがなの練習っていつから始めればいい?

子供が4歳くらいになると、友達とのお手紙ごっこや絵本の文字や、おもちゃなどに書いてある文字に興味を持つお子さんもいますよね。

そうなると、そろそろ「ひらがな」を練習する時期かしら?と思われるママも多いと思います。

逆に文字にまったく興味を持たない子供もいるでしょう。

そんな時はどうしますか?そのまま興味が出るまで待ちますか?それともドリルや幼児学習塾などに通わせますか?最近では、幼稚園や保育園でも「ひらがな学習」は導入されているのでお任せでしょうか。

 

園の中には「のびのび保育」「わんぱく保育」を謳って字の練習をしない園もあるようです。(えんぴつの持ち方や、線を描いたり、運筆の練習はするようですが)

 

子供が興味を持った段階で練習を始めるのが一番良いんですが、そうじゃなくても入学一年前くらいからは始めた方がいいと思います。



スポンサーリンク

ひらがなの練習は早くから始めた方がいい

 

私は子供の「ひらがな学習」は早い方がいいと思っています。

小学校では、「入学までに自分の名前が書ければいい」って言われてるけど、私はそれって本当かな?と疑問に思います。

というのも、今は、小学校に入学した子供の約7~8割が「ひらがなを全部読める・書ける」状態で入学するそうです。

 

小学校に入ってからも、もちろん「ひらがな」の練習はするんですが、「ただ書けばいい」じゃないんです!

「きれいな字」で書かなければならないんです。小学校では字を正しく覚えなくてはならないので、低学年では得にきれいな字で書くことに重きをおきます。

字を覚えていない子が、1回の授業で字を覚えて、しかも「きれいな字」を書かなくてはならない。

かなり難しいです。

 

なので私は、入学前の1年~2年をかけて、少しずつ覚えていく事をお勧めします

学校の1回の授業で5文字覚えるより、1年あれば、1週間で1文字覚えればいいペースです。

これならなんとかなりそうですよね!

 

どうせ覚えるなら きれいな字で

 

ある程度、読み書きができて余裕があれば、更に「なるべくきれいな字」を目指してみてください。

というのも、小学校の宿題でプリントやノートの書き取りが出ますが、連絡帳の文字まで先生のチェックが入り、赤ペンで訂正されるのです。そして赤ペンの所は書き直し。

小学校では「字を正しくきれいに書く」事も教えているので、せっかくやった宿題に赤ペンがついてやり直しがつくのを子供たちはすごく嫌がります。ママたちも自分の子供の宿題に赤ペンがあれば、赤ペンが付かないように「丁寧に、きれいに書いて」と言ってしまいます。

赤ペンをもらわないように、何度も書いては消し、消しては書いて、1文字を5回も6回も書き直す。腕も疲れるし時間もかかるし、ママにも言われるし楽しくないし・・・嫌にもなります。

そうして、小学校に入ってからのママの悩みの一つ「宿題問題」が出てくるんじゃないかなと思います。宿題に時間がかかる、なかなかやりたがらない・・・やっても雑、などなど。

 

でもこれ、少しでも文字が綺麗に書ければ、ある程度問題が片付くのでは?

 

という事に気が付いたのは、私の長女が小学5年生になってからです・・・

もっと早くに知ってればよかった!



スポンサーリンク


長女は小学校入学の時には一通り読み・書きはできていましたが、字が汚かったです。入学前の子供なんてこんな物かな、程度にしか思ってなかったのですが、実際はクラスの子と比較しても郡を抜いて字が汚かったです(笑)

そして1年生の頃から、それはそれは宿題に時間がかかり、なかでも字の書き取りは苦手で時間がかかっていました。毎日赤ペンが入り、綺麗に書こうと思っても、思うように書けず。

連絡帳のノートにも赤ペンが入り、自分で書いた字もわからない時があるくらい、とにかく字が汚かったので、これではいけないと私も字を丁寧に、きれいに書くよう毎日言ってしまっていました。長女はすっかり入学はじめの頃の宿題へのやる気もなくなり、毎日、宿題を終えるのに、1時間も2時間もかかっていました(小学1年生で、です)

毎日の宿題を終えるのにそんな状態なので、字を綺麗に書く練習なんてとても、時間も子供のやる気もありませんでした。

学年が上がるにつれ漢字も難しくなり、量も増えます。それを何度も書き直して益々やる気がなくなっていきました。

それが小学5年生になってやっと、ある程度字が綺麗に書けるようになると、書き直しが減り、一気に宿題のペースが上がりました

集中力がなかったりやる気がない時は相変わらず、ダラダラと時間がかかっているのですが、以前ほど「字を書くこと」への苦手意識がなく、消しゴムを使う事なく1回で書けるようになった事で書き取りの宿題のストレスが少なくなったようです。

4年生の時の倍近い宿題の量を同じくらいの時間で終えれるようになっていました。

なので、もっと早くから、字の練習をしてある程度綺麗に書ける状態までもっていけてたら・・・親子ともこんなに苦労しなくて済んだのかな、とも思います。

これはあくまで我が家の例なのでどのお子さんにも当てはまるとは限りませんが、字が綺麗で損をする事はありません

 

なので入学前にたっぷり時間をかけて、楽しみながら字の練習をしていく事をお勧めします!



スポンサーリンク

 

にほんブログ村 子育てブログ 子育てライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

アドセンス レクタングル 大


スポンサーリンク

アドセンス レクタングル 大


スポンサーリンク

おすすめ記事

保険証券 1

こんにちはセトラです。   突然ですが、保険って保険料が高いですよね。 家計の中でも結構な割合を占めてたり。でも、最低限の保険には入っておきたいし・・・   「何か安くていい保険な ...

豚貯金箱とお金 2

話題の「ふるさと納税」やってますか? 私は去年、初めてやりました! 何年か前にテレビの特集で「ふるさと納税」を取り上げていたのを見て興味はあったんです、ほんとなら節約にもなるし!って。 でも、 「なん ...

プログラミング画像 3

今、注目を浴びている習い事があります。 それは「プログラミング」。 2020年からは小学校でも必修化されて、保護者の間でも話題になっているみたいですね。 出典:イー・ラーニング研究所 調べ   &nb ...

-子育て, 教育

Copyright© セトラDAYS , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.